皮膚の悪性腫瘍の中でも代表的なもののひとつに有棘細胞がんがあります。有棘細胞がんは扁平上皮がんとも呼ばれ、高齢者の顔や四肢に好発します。悪性度は中間です。

この有棘細胞がんの特徴としては、進行するとリンパ節転移や他の臓器に血行を介して転移することがあげられます。皮膚の局所においては、浸潤が進むと異臭がするようになります。このがんの原因には紫外線やタール、やけどや放射線などが考えられ、日本人の患者では紫外線のよくあたる顔面に多く見られるという報告もあります。

有棘細胞がんの診断は皮膚炎や外傷後の瘢痕などと見た目から区別することはとても難しいので、組織を採取して培養する生検が必要になります。有棘細胞がんの予防には紫外線から体を守る対策が基本になります。帽子やパラソル、日焼け止めのクリームなどを適切に組み合わせて紫外線を防ぐことがポイントです。また、外傷ややけどの跡をきちんと治っていないままに放置してしまうと有棘細胞がんにつながる可能性がありますので手術などで傷を完全に回復させることも重要です。

このページの先頭へ