見た目が悪いという特徴

人間の体には必ずほくろというものがあります。場所も目の下であったり口の下であったりと様々な場所にあります。そしてほくろには色素性母斑といわれる良性のものとメラノーマや基底細胞ガンや有棘細胞ガンの疑いがある悪性のほくろと二種類あります。

悪性のほくろの特徴としては急激に大きくなったということや急激にほくろが盛り上がってきたということに急激に色の変化が起こってきたということがあります。さらにほくろからの血が頻繁に出てくるようになったことやほくろの色で黒い部分と茶色い部分での色むらが多く見られるようになってきたということやほくろと皮膚との境界線である緑のかたちがとてもいびつてあるということの特徴があげられます。もしこれらの特徴にたいしてひとつでも該当去ることがあればすぐに皮膚科や形成外科に相談することをおすすめします。

こうした悪性のほくろの除去の方法としてはレーザーですと飛び散るためメスを使って切り取り縫合していく方法があります。

このページの先頭へ