ほくろの種類について! ほくろの種類にはさまざまなものがあります。人それぞれ色や形に大きな違いがあります。ほくろは人間の体のどこにでもできると言われています。小さな細胞の集まりが大きな塊となりほくろができます。ほくろの色にはメラニン色素というものが関係していると言われています。メラニン色素が濃い人ほど、ほくろは黒くなり、メラニン色素が薄い人ほど茶色からこげ茶色のような色になります。

ほくろには良性のものがほとんどですが、中には悪性のものもあります。悪性のほくろは良性のほくろに比べ時間が経つにつれて大きくなります。色も青系や赤系などの特殊な色になると言われています。大きくなってくると周りがうんできたり、普通では無い症状がでてくるのですぐに病院などで検査をする必要があります。

小さなほくろなどで悩まされている場合はレーザー治療で消すことも可能です。色素の薄いほくろの場合は簡単に消せますが、色素が濃い場合は何回か治療を受ける必要があります。

このページの先頭へ