良性のほくろは、削除する必要はないです

ほくろは、体の至る所にあります。点ほどから小豆ぐらい大きいモノまで人それぞれです。また、ある箇所で性格、未来などが分かるので面白いモノです。でも、ほくろは増えるケースが多くあります。メラニン色素の影響で、肌表面に現れてくるのです。また、良性ほくろと言われる場合がありますが、大体のほくろは害のない良性です。

でも、たまに悪性と言われるほくろが存在します。皮膚がんの一種でほって置くと進行していき死に繋がるケースもあります。悪性ほくろは、生まれつきある訳ではなく、元あるほくろに紫外線などの刺激が加わり皮膚がんへと発展するのです。また、ほくろのある部位を怪我したり、負荷をかけて起こるケースもあります。

悪性ほくろは、徐々に大きく肥大するみたいなので、不安な人は相談するのがベストです。でも、良性は取り除く必要はないみたいです。ただ、顔などは紫外線でシミがほくろになるケースがよくあります。ほくろが増えるのをイヤな人は、紫外線を意識した生活を送ることが大事です。

このページの先頭へ