一般的にほくろ除去の方法の中で、もっともポピュラーな治療方法といわれいるのがくりぬき法です。この方法はほくろを局所麻酔を行ってから気になる部分を専用の機械でくりぬいて、その後皮膚が自然に再生するのを待つ方法です。

目の周りや鼻、唇など、ちょっと目立つほくろを取り除く方法としては、非常に利便性の高いものとして、多くの人が利用しています。実際にくりぬいてからほくろの部分は大変出血がひどくなるので、止血とばい菌が入らないためのケアを行っておくことが大切です。くりぬき法は様々な治療方法の中でもっともポピュラーな方法であると同時に、最良の結果をもたらせるということで、多くの医療機関でほくろ除去の時には活用されています。

また、ほくろ除去のときに傷口を薬品で消毒してしまうとどうしても傷の直りが遅くなってしまうことが考えられます。そのため、治療の跡から出血を抑えるための薬を活用して、できる限り患者の負担にならないようにほくろ除去を実行しておく医療機関が多いのです。

このページの先頭へ