ほくろ除去と傷跡についてというと、実はほくろ除去には色々な方法があります。医療機関によって適切なほくろ除去の方法がどのようなものなのか、事前に検査によって確認してから最良の方法を提案してくれます。

手術などで取り除けるほくろの場合、シミと違い厚いそうにわたってできているので、完全にやききることになると穴が開く程度まで手術直後には皮膚が出てきています。また、そこからかさぶたが完成するまでには何日かかかります。

ほくろ除去をしてから傷口が白くなるまで、平均的に数か月から半年くらいと個人差があるので、体質によるものと言えます。傷口の感染を防ぐために、傷口へ定期的に軟膏を塗っていれば数ヵ月後には治ります。

但しポイントとしては、傷跡を消毒したり、ぬらしたりすると治りが遅くなりますので、事前に数日は絆創膏などを貼り付けておくことが大切です。
また、医療機関で出された軟膏をできるだけ厚めに塗っておくだけではなく、紫外線を防いで絶対に日に当たらないようにしておくことが重要なポイントといえるでしょう。

このページの先頭へ