ほくろは誰の体にもあるもので元々良性の腫瘍です。でも、これが悪性になるとほくろのガンになります。ほくろのガンはメラノーマまたは悪性黒色腫といって皮膚ガンの仲間です。

メラノーマとほくろはとてもよく似ています。ガンは細胞が変異を起こしてどこまでも増えていく病気なので、成長するとしこりや盛り上がりになります。皮膚にできるガンも同じで、皮膚細胞が悪性に変わって増えていきます。

ほくろと皮膚ガンの見分け方にはいくつかポイントがあります。まず形ですが、ほくろは円形や楕円形をしていて左右は対照に近くなっています。見た目については、ほくろは一様で色合いに濃淡がないのが特徴です。皮膚との境目がはっきりしていてなめらか、崩れがないのがほくろといえます。

ほくろ自体には出血やうみ、かさぶたなどがないのが普通です。またほくろは、紫外線などの影響で増えることはありますが、急に大きくなつたり色や形が変化することはないのが一般的です。気になるほくろがあったら、皮膚科を受診するのがおすすめです。

このページの先頭へ