ホクロは、全身満遍なく様々なところにできますが、比較的紫外線に気をつけていると、できる和が押さえられるので、できやすい体質の人は気をつけておきましょう。できる数や大きさは、その人の体質や遺伝的な部分も少なくありませんが、ある程度気をつけてクコとができますので、紫外線対策をしっかりしておきましょう。

とはいえ、できるときにはできますし、特に目立った場所や、盛り上がって形が大きい場合には、精神的なストレスとなることが多いうえに、悪性ではないかと思う人もいるので、ほくろ除去をオススメします。

ほくろの除去を行う場合、もちろん医療機関にお願いして、最良の治療を行うことが大切だといえます。ほくろ除去手術の方法にはいくつかありますので、医療機関でほくろの種類を確認しておくことが大切です。

とはいえ、ほくろ除去できる場所とできない場所があるのではないかと不安に思う方も多いでしょう。実は治療方法に対して制限があるのですが、どんな場所でも治療が可能であるといえます。但し、妊娠中や肌の状態、体調不良などによってはほくろ除去が難しいこともあるので、確認しておきましょう。

このページの先頭へ