手術を行わないほくろ除去の方法として有名なものというと、電気凝固法というものがあります。どのような方法かというと、電子メスを使ってほくろを固めて除去をさせるのですが、このときにかさぶたのようにさせるのは、電子メスならではの方法といえます。

この方法を行われるのは、小さいほくろ除去のときがメインとなっています。主に5mm程度のほくろであれば、この方法で安心して取り除くことができるので、非常に利便性の高いものだといえます。

とはいえ、盛り上がりのあるほくろや、1cmを超えるほくろ除去は難しいのかと考える方も多いでしょうが、実はそんなことはありません。というのも、医療機関ではその人の体調やそのほくろの属性などによって最良のほくろ除去が行われます。そのため、最良の結果をもたらせるのであれば、大きなほくろ除去などにも積極的に活用される可能性が高いといえるのです。症例がおおい医療機関で適切に受けておくことで、最良の結果をもたらせるといえるでしょう。

このページの先頭へ