ほくろ除去を専門で治療、実績でクリニックを比較してみよう。

安心してほくろを除去するなら技術と知識が確かな専門クリニックや実績を重視。ここでは、専門クリニックでほくろ除去するメリットを紹介しています。

専門外でも施術可能になったほくろ除去

ほくろ除去ができる皮膚科・クリニック最近、ほくろ除去ができる皮膚科・クリニックは増えてきています。それは、ほくろ除去を専門とする医師、もしくは経験豊富な医師が急増したからというわけでなく、ほくろ除去が比較的容易にできる治療方法が出てきたからなのです。

その治療方法がCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)や色素レーザーなどのレーザー治療。レーザー治療は小さなほくろであれば、短時間でしかも安全にでき、それでいて跡もほとんど残らないので、一定以上のスキルがある医師であれば施術可能です。ただ、レーザー治療にもデメリットがあり、この治療方法では対応できないほくろもあります。また、ほくろに関しての知識や経験が少ないと、レーザー治療とはいえ跡が残ってしまう可能性もあるのです。

そのため、あらゆるほくろを除去するためにはレーザー治療だけでは対応しきれません。また、患者さんによっては、ほくろ除去に求めるものも若干異なりますので、要望に応えられるような治療方法、適応力も必要となるでしょう。

ただ、それ以外の治療方法となると、やはり高い技術が要求され、未熟な医師だと傷痕が大きく残ってしまう危険性も秘めているのです。いくらレーザー治療以外の方法も可能といっても、ほくろ除去に関する高い知識と豊富な経験がないと適切な治療方法のチョイスができません。

高い知識と経験が必要とされる理由

  • 5mm以上のほくろの場合、レーザー治療では傷痕が目立ってしまう事もある
  • 良性か悪性かを見抜けない
  • レーザー治療だけでは病理検査できない
  • ほくろよりも大きく照射すれば跡が残りやすく、小さく照射すれば再発(取り残し)する
  • 切除縫合法では傷跡に差がでてしまう
口コミ情報の過信は危険!その中でも一番怖いのは悪性(癌)であるのに、それを見抜けなかった場合です。安易にレーザー照射、切除してしまうと、癌細胞を刺激してしまい他に転移してしまうこともあります。状況に応じた適切な判断が要求されるのです。

知名度・実績のある皮膚科・クリニックを選ぶ

安心してほくろ除去を任せられるスキルの高い医師に依頼する、といっても、私達一般人にとってみれば、なかなかそれを見極めることは困難です。

そのため、皮膚科・クリニックを選ぶ場合、まずは知名度で選んでみてもいいかもしれません。もちろん「知名度が高い=高いスキル」とはいいきれませんが、少なくとも聞いたことがないようなクリニックでほくろ除去してもらうよりは安心でしょう。

クリニックは医師のスキルで選ぶ知名度が高いということは、それだけ多くの患者さんが来院しているともいえます。それだけでも経験はしっかり積んでいることになりますし、万が一「傷跡が残った」、「悪性だったのに、気がつかず」なんて失敗が頻繁に起こるようなら、悪い評判が広まっていることでしょう。

また、知名度の高い皮膚科・クリニックだと、ホームページ上で実際にほくろ除去した方のビフォア・アフターを載せているケースが多いです。しかもその掲載されている症例数も複数です。実際の写真を確認できれば、傷跡が残るといってもどれくらいの傷跡になるのか、どれくらいのほくろが除去できるのかなどを自分の目で確認できます。

全国的に知名度もあり、実績も十分な皮膚科・クリニックとしては、たとえばテレビCMなどでもおなじみの高須クリニック、共立美容外科、湘南美容外科クリニックなどがあります。これらのクリニックは、全国に店舗展開しているので比較的通いやすいというメリットもありますし、医師のスキルも問題ありません。しかもたとえ近くに店舗がなかったとしても、ほくろ除去は通院不要、あっても当日と1~2週間後の抜糸の2回程度でOKですから、思い切って都会に出てきてもいいでしょう。

絶対に失敗されたくない顔のほくろ除去。費用面も気になるところですが、やはり信頼できる皮膚科クリニックを選ぶのが一番です。

信頼できる~高須クリニックのほくろ除去症例実績はこちら!

このページの先頭へ