ほくろには様々なものがあるのですが、基本的には良性腫瘍であり、レーザーなどで簡単に取り除くことが可能です。しかし、一部には見るたびに大きくなっていき、次第に色が濃くなったり晴れ上がってくるようになっていると感じる場合には、すぐに医療機関に相談しておくことが大切です。

これらの主要は悪性である可能性があり、一般的に悪性黒子腫と呼ばれていて、即手術をしなければならない可能性の高いものといえます。普段は気づいていなくても、数年かけて次第に大きくなっている場合や、毎日見ていて次第になぜ街路が黒々としてきている場合には可能性が高いといえます。さらにほくろから出血している場合にも可能性が高いといえますので、すぐに医療機関で受診してみましょう。

手術の方法としては、基本的にメスでくりぬくなどの方法になることが一般的です。そのため、手術を受けるためには信頼性の高い医療機関において、適切に検査を受けてから治療を受けることが必要です。

このページの先頭へ