跡が残らずほくろ除去!皮膚科・クリニックはココをチェック!

安全にホクロを除去したい!ほくろ除去では、皮膚科・クリニック選びが非常に大切です。安易に選んでしまうと跡が残ってしまうことも…。

安心して施術を任せるためにも、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。リーズナブルな費用、口コミで人気、などついついそれだけで選んでしまいたくなるものですが、失敗しないためには総合的な判断も必要です。まずは主要4項目をチェックしてみましょう。

施術費用でチェック

施術費用は少しでもリーズナブルなクリニックを選びたいものです。ただ、ほくろの大きさによって明確な料金設定がされているのかも重要なポイント。また、手術費用だけでなくそれ以外にかかるコストもチェックしてみましょう。

詳細についてさらに詳しくみる

口コミ・評判でチェック

絶対に失敗しないためには、実際にほくろ除去治療を受けた方の口コミや評判をチェックしてみましょう。成功した口コミはもちろん、失敗談、悪い口コミなども見逃してはいけません。そしてより自分のほくろに合った口コミを参考に!

詳細についてさらに詳しくみる

治療方法をチェック

ほくろは大きさ、濃さ、膨らみなどいろいろで、それぞれに適した治療方法があるのです。クリニックによってもおこなっている治療方法が異なります。そのため状態に合わせて治療方法を選べるクリニックがいいかもしれません。

詳細についてさらに詳しくみる

実績をチェック

ほくろ除去は失敗すれば跡が残ったり、ケロイド状になったりすることも。絶対失敗しないとは言わないまでも、より失敗のリスクを少なくするならやはり実績が十分な医師・クリニックを選びたいです。クリニック選びではコレが一番重要なポイントです。

詳細についてさらに詳しくみる

どれを選ぶ!?ほくろを除去する方法をピックアップ

ほくろを除去する方法は、自宅で気軽にできるもぐさ(お灸)やほくろ除去クリーム、皮膚科・クリニックでおこなうレーザー治療、切除治療など意外と種類があります。それぞれにメリット、デメリット、向いているほくろの大きさなどがありますので、自分のほくろにどれがあっているのかチェックしてみましょう。

レーザー 直径4mm以下程度の小さなほくろを除去なら、クリニックでのレーザー治療がオススメ。跡が残りにくく痛みもほとんどありません。抜糸も不要で短時間で施術できる上に費用も安価なのもメリットです。

詳細こちら

切除 ほくろに塗るだけで除去できるというクリーム。天然ハーブ、漢方、フェノールなど種類もあるので、自分に合う除去クリームが見つかるかも。ただし、日本では販売が認められていないので自己責任となります。

詳細こちら

クリーム ほくろに塗るだけで除去できるというクリーム。天然ハーブ、漢方、フェノールなど種類もあるので、自分に合う除去クリームが見つかるかも。ただし、日本では販売が認められていないので自己責任となります。

詳細こちら

もぐさ 昔の人もほくろ除去に活用していたもぐさ(お灸)。小さめのほくろなら1~2週間で除去できる場合もあります。ただし、あくまでお灸ですので、熱くなりますし、火傷を引き起こす危険性も秘めていますし、除去できない場合も。

詳細こちら

ほくろ除去、こんな時はどうなの?Q&A

本当に消える?ホクロ除去顔のほくろを除去しようと思っていても、場所が場所だけに、失敗しないか、跡が残らないのか、痛みはないのかなど、不安になることも多いでしょう。また、ほくろ自体はそれほど気にならない方でも、そのまま放置していても問題ないのか、すぐにでも除去すべきなのか、という思いを抱いている方もいるはず。

そんなほくろに関するよくある質問をズバッと解決させましょう。皮膚科・クリニックに行く前に、ちょっと知っておきたい方必見です!

ほくろ除去で失敗ある?

大きいほくろの場合、除去しても多少の跡が残る程度は仕方がありません。ですが、方法・やり方によってはほくろが除去されないばかりか、赤くなったりケロイド状になったりと肌トラブルが起こる可能性はあります。正しい知識と豊富な経験のある医師・クリニック選びが大切です。

詳細こちら

手術は痛みがあるの?

痛みの感じ方は個人差がありますので一概には言えませんが、一般的に大きいほくろを除去する場合には、多少の痛みを感じるようです。ただ、クリニックによっては麻酔クリームをしてくれるので痛みは軽減されます。小さなほくろをレーザーで除去するならほとんど痛みを感じずに終わることも。

詳細こちら

ほくろは除去しても再発するの?

再発ではなく取り残しになることはあります。ただ、クリニックによっては再手術にならないため広範囲を除去してしまうところも。そうなると、跡が残ってしまう事もあります。取り残さない事よりも跡が残らない事が重要ですので、取り残した場合も再手術してくれるところが望ましいです。

詳細こちら

このページの先頭へ